「ほっ」と。キャンペーン

僧侶とbianchi

 しばらくぶりの街乗りエンスー。
ま、いろいろやってはいたんだけれど、
アップする環境が、整わなかったせいもあり、
macbookを手にしてから、割と頻繁に、更新できるように
なったので、再開する。勝手だね。

さて、この持ち主、
若手のイケメン僧侶、バスケットつながりで、
親しくさせて頂いている。
話しがいい。礼儀正しい。運動神経がいい。
そして坊主頭。当たり前か。現在、住職について修行中。
袈裟を着て、これに乗って、
檀家を回っている姿を想像すると楽しい。

が、最近、バスケットをやり過ぎて
腰が、痛いというので、ポジション変更を頼まれた。
見た目を損なわないで、楽な姿勢が、とれて、
費用が、かからないようにするというお題。
ま、勝手にやっていいという事なので、
任せてもらった。

ハンドルバーは、かなり昔のドロップバーを
切断して、作ったオリジナルぶるホーン。

ブレーキは、エンスー中島氏から頂いた
ダイアコンペの例の奴。

ステムは、知る人ぞ知る、ルイステム。

バーテープだけは、ビアンキオリジナルの
レッドを使用。
これで、かなりコストは、抑えられたんだ。
金額を聞いたら驚くぜ。

で、仕上がりは、このとおり。

あ、サドルの赤いカバーは、昔流行った奴ね。
かなり、ファンキーだろ!
ほら、昔、ファンキーな坊さんの映画あったよね。
やっぱり、これくらいの乗らないと。若手の坊さんは。
住職には、俺から言っとくから。
指定どうり仕上げましたってね。
悪く思うなよ。
[PR]
# by jack1641 | 2012-02-26 09:53 | 街乗りエンジニアリング

I must be a rebellious person.

桐生のうどん屋で、何故か、
雑誌pen2月15日号の、
デザイナー川久保玲 独占インタビューの記事を
思い起こしている。
いや、うどんをクリエイションして、「ひもかわ」を
生み出し、新しいビジネスとして、「ひもかわ」を発展させる。
その発想が、ビジネスだって同じクリエイションだ。
という記事に、頭の中で、リンクしたからなんだ。

実はというほどでもないが、私は、コムデ一派である。
たまに、ちらちらっと、そんな文章を書いたりしているので、
わかるかもしれない。
遡る事、数十年前、メンクラを愛読していた私は、IVYこそが、
ファッションだと、思っていた。
ボタンダウン、チノパン、ネイビーブレザー、ペニーローファー、
所謂、保守主流派なスタイルで、街を闊歩していたんだ。
だから、コムデとの出会いは、かなり衝撃的だった。
はじめて、レッド・ツェッペリンの曲を聴いたときのような、
うーん、わかりやすく言うと、ビニ本の、ビニールを破る瞬間
みたいな高揚感を感じたんだ。
当然、吉本隆明が、転向したように、そこで、ガラリと変わったんだ。
それ以来、一部、カルト的では、あるが、
川久保玲に、心酔している。

I must be a rebellious person.

と、彼女は、言い放った事があったが、その思想、ものづくりの
原点が、私は、好きだ。

そして、今にいたるまで、コムデギャルソン(少年のように)で
あり続けるというブレない精神。

久しぶりに聞いた川久保玲の言葉は、やはり、スジが一本
通っていた。

「何かひとつの物やことだけでなく、身の回りにあることや、
日々の仕事の積み重ねから、考える事も全部材料です。」
「コムデギャルソンの仕事に共鳴してもらい、コムデギャルソンの
服を着た人が、ドキドキしたり、何か感じてもらえる事が一番大事。」
「それは、目的に近い使命ですから。もちろんかっこいい、新しいものを
作り出したという感触は、持ちたいですが、それ以上に、やはり
同じように感じてくれる人が多ければ多いほど、それは仕事としては
うれしいのです。」

さすが、川久保玲である。
心がふるえるお言葉であった。
[PR]
# by jack1641 | 2012-02-12 22:08 | 店長日記

「ひもかわ」うどんを食べながら考えてみた。

yuriさんが、突然、何を言い出すかと思ったら、
「ねえ、うどん、食べに行かない?」
「どこに?」
「桐生」
「・・・・」
私の住んでいる高崎から、1時間くらいの所に
桐生市という街がある。かつては、日本の機どころ
といって、着物、で栄えた街だったのだ。
最近、yuriさんは、そこに、頻繁に、出かけていて、
面白い、うどん屋に巡り会ったらしい。
そういう私は、永いこと、群馬県に住んでいながら、
一回も、足を踏み入れた事がないんである。
で、そんな私を、連れ出してくれたのである。

見えてきたのは、渡良瀬川で、そこを渡ると桐生の街。
これと言って、何かがあるわけではない。何も無いんだけれど、
商店街は、クリエイションに溢れている。
一生懸命考えている。
大企業資本に、汚染されていないのがいいのかもしれない。
新幹線が、停まるっていうだけで、
街作りが、思考停止してしまっている私のところとは、
全然、違う。
いい。
すごくいい街。

さて、そんなyuriさんの、おすすめの店で、
「ひもかわ」を食す。
この地で、有名な、うどん、すなわち「ひもかわ」
読んで字のごとく、妖怪の「いったんもめん」のような、うどん。
こ、これが、と、誰でも面食らう。
そんな、私の横で、勝ち誇ったように、
常連らしきおじさんたちが、頼んでもいないのに、
蘊蓄をしゃべりだしたので、耳を傾ける。
なるほど、桐生は、織物の街だから、それに、ひっかけて、
反物のようなうどんを作り出したのだと、そして、
店によって、その幅は、違っていて、この店は、かなり
幅広らしい。ちょっと食べにくい。おもしろいけど。
ははーん、だから常連らしき、おじさん連中は、
普通の、うどんなんだなと、合点がいく。

でも、このうどん、食べてみたいと、誰でも
一度は、思うはず。うどんだけじゃなくて、
イタリアンでも、エスニックだって、これでいける。

もともと、地元に根付いていた、「ひもかわ」のうどんの文化を
街が、新しいかたちに、クリエイションしたんだ。

次は、どんな「ひもかわ」を食べにいこうかっていう
気持ちにさせる、また、ここに来ようと思わせる点で、
やったな桐生。
幅広の麺を、口いっぱいに頬張りながら、
川久保玲の雑誌インタビュー記事を
噛み締めてみた。
[PR]
# by jack1641 | 2012-02-10 12:21 | 店長日記

モノの値段は、使用料で、考えよう。

私のお気に入りのショップに、D&Department
というのがある。60、70年代の、ものづくりの思想
が、好きだからだ。
例えば、ダイニングテーブルは、カリモクだし、
子供の机も、それにこだわって、使用している。
その、商品編集部のブログに、
とても、説得力のある言葉を見つけたので、紹介したい。

「モノの値段は、使用料で考えよう」

詳しくは、それを読んで欲しいのだが、
お客様と、接していて、よく、
長い目で見れば、お得です。なんてことを言っている。
これでも、ものづくりの端くれとして、やっぱり、
末永く、大切に、壊れたら修理して、愛着を持って、
使って欲しいと、常々、思っているわけで、
でも、いつも、うまく、伝えられない。
しかし、この言葉には、響くものがある。

例えば、難攻不落の奥様も、これで落とせるかもしれない。

1年で、使えなくなってしまう10000円の自転車も、
10年使ってヴィンテージとなる10万円のビアンキも、
年間使用料は、同じ10000円だったら、
気分よく使える10万円のビアンキの方が、ずっとお得だ。
[PR]
# by jack1641 | 2012-01-23 18:00 | 店長日記

ツリーハウス 角田光代

相変わらず、本が好きで、手当たり次第読んでいるのだが、
しばらく、書評なんてやっていなかったんだけれど、
やっぱり、何か、書き留めていたほうがいいような気がして
logのつもりで、記しておくことにした。
再開、初は、
角田光代 

ツリーハウス



日本人、必読の書といってもいいんじゃないだろうか。

この物語の底に流れているのは、吉本隆明の思想である。
と言い切ってしまう。
彼の思想の第一原則、最強にして最大の言葉。

 結婚して子供を産み、そして子供に背かれ
老いてくたばって死ぬ。そういう生活者を
もしも想定できるならば、そういう生活の仕方をして
生涯を終える者が一番価値のある存在なんだ。


解説は、勢古浩爾氏の文献ぼくが真実を口にすると 吉本隆明88語 (ちくま文庫)
に、詳しいので、
それを参照して欲しいのだが、とにかく
全体に、この思想が、横たわっている。
そして、言葉に溢れている。


言葉や理論だけ並べて得意になるような人じゃないでしょ。まず動く。

私たちは抗うために逃げた。生きるために逃げたんだ。

闘う事も逃げることもせず、やすやすと時代に飲み込まれんな

平和で不気味に退屈で、でもそんな時代にのみこまれるなと。

あんた、自分がやった馬鹿はね、ぜんぶ自分に跳ね返ってくるんだよ。

いやなことだの面倒だのから逃げたって、ちゃんとつかまるよ。
帳尻が合うようにできてるんだ。


私が一番好きな場面は、p377から381。
この場面は、吉本の悪人正機に通ずる。

とにかく、これを買って、ぜひ読んで欲しい。
重要な一冊である。

「そこにいるのがしんどいと思ったら、逃げろ。逃げるのは悪いことじゃない。
逃げたことを自分で、わかってればそう悪いことじゃない。
闘うばっかりがえらいんじゃない。」

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
[PR]
# by jack1641 | 2012-01-18 08:58 | 店長日記

リアル

久しぶりに、娘の試合をライブで、観る機会を得た。
といっても、強引に店を半休にしてしまったのだが、申し訳ない。
上の、二人の娘は、双子で、バスケット部に、所属している。
自分たちの代のはじまりの新人戦だ。
二人は、別々の高校なのだが、今回、めずらしいことに、
同じ体育館で、背中合わせのコートで、同時刻試合開始である。
いっぺんに、応援できるまたとないチャンスなわけだ。しかし、
応援する親としては、どちらかの席に座るわけにもいかないので、
ちょうど真ん中で、観戦することにした。
同時に、左右の試合を観るのは、大変だった。
まったく、こういうとき、双子は、煩わしい。

残念ながら、両方ともベスト8進出ならずだった。
惜しかったんだけどな。もう少し。
負けた原因は、それぞれわかっているはずだ。
次に向けて、また、練習が、続く。

この寒い中(暑い夏もです。)毎日、毎日
同じことを繰り返すような練習をし、
それでも、今回のように結果は、伴わない。
ましてや、優勝なんて、ほんの一握りの人たちだけ。

やれば、やったぶんだけ結果が、出るなんていうのは、
ダイエットくらいなもの。
そういう大人の社会みたいなリアルな場所で、
彼女たちは、日々、バスケを続けている。

勝者でもなく、敗者でもなく、
その、一生懸命な、ひたむきさに触れて、
火傷しそうになっているオヤジが、一人、
黙って自転車を組み立てる。
[PR]
# by jack1641 | 2012-01-16 18:57 | 店長日記

ジュリエッタスパイダーを憶えているかい。

イタ車はイタ車でも、今回は、クルマ。
アルファロメオジュリエッタが、もうすぐ日本で発売されるらしい。
ネットのニュースで、知ったんだ。
このクルマに、イタ車の魅力を、教えられたんだ。
尤も、それが、魅力であると気づいたのは、ずっと後からなんだけど。
当時、今から約30年も前の昔の話。
その頃、無駄にガソリンとタイヤをすり減らし、
峠という峠を、攻め立てていた頃、(86です。)出入りしていた整備工場で
出会ったんだ。
アルファロメオジュリエッタスパイダー1961。
持ち主は、誰のかわからない。工場のオヤジのだったのかもしれないし、
整備で入っていた他人のかもしれない。
唐突に、工場のオヤジは、言う。
「オメー、これ、乗ってみな。」と。
「なんだよ、オヤジ、遊園地のゴーカートじゃあるまいし、
こんなもん、転がしてどうすんだよ。」
「まあ、おもしれーから、乗ってみろよ」
「しょうがねえな」
というような会話をしたはずだ。全く、興味は、無かったんだけど
しつこいオヤジに、言われて、乗り込んだんだ。
左ハンドルに、面食らったせいもあるが、ペダルの位置に比べて、
ステアリングが、遠い。
ローからセカンドに、シフトするとき、もたつく。
ステアリングが、なんか変。
それでも、意地で、乗りこなしてやろうと必死だった。
ガソリンが、無くなる頃には、スムースに乗りこなすことができた。
「オヤジ、どーいう意味だよ、こんなもん乗らして!」
「これがな、イタ車なんだよ。」
「お前も、俺くらいの歳がくれば、わかるよ。」
「ふん、そんなものわかりたくもねーよ」
そんな、憎まれ口ばかり叩いていたガキに、
アルファの魅力は、わかるわけはない。
こんなクルマは、ごめんだぜと思っていた私は、
何故か、自転車屋になり、イタ車をメインに扱っている。
そして、ほぼ、当時のオヤジと同じくらいの年齢になった。
今なら、わかるぜ、オヤジ!
どうせなら、あのとき、あれが、ピニンファリーナのデザインで、
ジュリエッタという名前が、ロミオとジュリエットからきたものだと
教えといて欲しかった。
オヤジは、早くに逝っちまったけど、
まだ、あのときの捨てゼリフは、覚えてる。
「イタ車はよう、アルコール度が、たけんだよ。(高いんだよ)
ガキには、飲めねんだよ。(飲めないんだよ)」

今なら、二人で、乾杯できそうだ。


[PR]
# by jack1641 | 2012-01-07 19:09 | 店長日記

年の初めに。それもまたちいさな光。

年の初めに、いつもお店の方針みたいなものを
自分で、再確認するというか、そういういろんな事を
考えるのだけれど、ちょうど、その、きっかけになるような
小説を読んだのだ。
それもまたちいさな光(角田光代)オール読物1月号。
クリスマスのラジオドラマの原作らしい。
全体のストーリーは、省かせてもらうが、
小さな洋食屋の二代目若手シェフが、ベトナムの街を放浪し、
そこで見たある村の食堂の話をするんだけど、
その場面が、良かったんだ。

「予約の取れなくなる店になりたいんじゃない。
近くの人たちが、自然と集まってきて、料理がうまいとか言い合うよりはさ、
料理の味なんか忘れて、自分たちの話をそれぞれできるような、
なんでもないけど、大切な場所っていうか。」

その若手シェフのセリフ。

ふん、ヤキがまわってきた俺からすれば、
何を青臭い事、言ってやがる、なんだが。

かつて、この仕事を始めたときは、やっぱり
そんな事を思っていたな。

ずっと、それが、頭の隅に引っかかっていて、
今日、改めて、そんな青臭い事、いいじゃない
と、思ったんだ。
[PR]
# by jack1641 | 2012-01-03 09:14 | 店長日記

ハッピークリスマス!ヨーコ!

ジョンレノンの曲に、
こんな、題名が、あったような、なかったような。
この日になると、必ず、ラジオから、流れてくるジョンの歌。
そして、もう一つ、
ハッピークリスマスヨーコという小説があって、
いつも、この日に読み返すんだ。

これまでに、会った人たちや、これまでに、
してきたいろいろな事を考えるんだよ。
うまくいったこともあれば、
そうじゃなかったこともある。
でも、それら、全部ひっくるめて
生きてることは、悪くないって思えるんだ。

2、3日前から、ホワイトクリスマスになればいいって
言ってたでしょ。雪が降るとね、静かになるんだ。
そうすると、空見上げながら、
そんなこと考えたりするんだよね。
ハッピークリスマス!
[PR]
# by jack1641 | 2011-12-24 10:02 | 店長日記

大事なこと。

ホームページをリニューアルしてから、
大きな声で、アナウンスするのは、ヤメにしたんだけれど、
まあ、自転車屋として、当たり前の事を、あれやってます、
こうしてますって、一々、言うのも、あれかなと。
プロは、黙ってやるもんだし。
でも、知らない人が、いるらしいので。
たかが、振れとりなんだけれど、
先代から、受け継いだ技術なので、
とても、『たかが、』なんて、
数十年、やってる今でも、言えないんだな。
この、動画は、大げさかもしれないけれど、
大事な部分なんだ。
出来上がったものは、同じに見えるけど、
こうやって、違いが、出るんだよ。
ものには、気合いを入れると
魂が、こもるんだ。

[PR]
# by jack1641 | 2011-12-19 10:00 | 店長日記

キムタクよ、そんなこと気にするな。

日曜日の、夜9:00からはじまる南極大陸を楽しみにしている。
と、いっても、リアルで、見られるわけではなく、録画して、
休みの日に、まとめて、見ているのであるが、すでに、2週分
溜まっている。
このところ、ネットのニュースに、このドラマが、
やれ視聴率が、とれないとか、キムタクが、どうのと、
醜聞が、聞こえてくる。
私が、観る限り、キムタクの演技は、悪くない。これまでも、
彼の、冠たるドラマの演技を観てきたが、劣化は、していない。
視聴率を、どんな形で測定しているか、わからないので、
何故、下がっているのかが、よくわからないが、
どこかの、くだらない連中が、キムタクをターゲットにして
叩きはじめているとしか、思えない。
相変わらず、こういった何かの原因を、誰かを標的として叩くという
構図は、なくならない。そして、これを鵜呑みにする第三者たち。
村上春樹の沈黙。
あ、すいません。熱くなりましたね。
キムタクよ、そんなこと気にするな。

ひとりでは、何もできない連中が、群れて攻撃しようとも、
イヌワシのように生きろ。
店長は、応援しているぞ。
[PR]
# by jack1641 | 2011-11-20 09:57 | 店長日記

昭和の世代が、自転車を好きな理由。

2、3日前だったか、読売新聞で、
ガキの自転車練習をペダルを外してやれば、
スムースに、乗れるようになるという記事が、
載ったら、案の定、日曜日に、ペダルを外して
欲しいという親子が、殺到した。
確かに、この方法だと、理にかなっているので、
ある程度すれば、楽に乗れるようになるだろう。
おすすめする。
だけど、一つだけ、ちょっと違和感がのこる。
果たして、この方法で、達成感が得られるのだろうか。
昭和の時代を生きてきた人ならば、ほぼ、
自転車は、スパルタ式で、
泣きっ面に蜂で、何度も転びながら、
乗れるようにしたものである。
だから、一人で乗れるようになったときの
喜びは、なにものにもかえがたいものだった。
世界を手中におさめたような高揚感。
どこまでも、走り続けられると思っていた。
あの感覚は、いつまでも忘れない。
だから、自転車は、単なる道具ではないんだ。


昭和の世代が、、自転車を好きな理由は、
そこにあると、密かに思っている。
[PR]
# by jack1641 | 2011-11-14 09:55 | 店長日記

自転車選びのヒント

これだけ、自転車の種類があると、
迷うのは、当たり前である。しかも、
ビアンキみたいに、気が遠くなるほどの
納期が、かかると、待っている間にも、
迷いが、生じる。

昨日、news zeroを見ていて、
ドルトムントの香川が、
インタヴューで、
自分は、考え過ぎるので、だめだ。
と、言っていたのを聞いて、唐突に思い出したんだ。
誰を?
そう、ブルース・リー。
yuriさんは、そんな人、今、誰も知らないわよ。と
言い放ったが、
当時の記憶が、鮮明に、フラッシュバックした。

まだ、クソガキだった頃だろう、
燃えよドラゴンは、インパクトが、あった。
映画の冒頭からはじまるワンシーンに、釘付けである。
ブルース・リーに教わる少年。
Don't think.feel!.考えるな感じろ。
である。
もう、そこからは、止まれない。
家中に、何本ものヌンチャクが、転がり、
雑誌ロードショーを、むさぼり読み、
截拳道への道という本をバイブルとし、
ブルース・リーの死と共に、終わった気がする。

そう、思い出したのは、この言葉。
Don't think.feel!.考えるな感じろ。である。
今、
自転車選びに、迷っている人たちに、捧げたい。


p.s 実は、この台詞の後に、
もっといい言葉があるんだ。
Don't consentrate on the finger,or you will miss all that heavenly glory.


[PR]
# by jack1641 | 2011-11-05 09:53 | 店長日記

パスタをつくりながら考えた事。

たまに、思い立ったように、キッチンに立つことがある。
これといった、料理のレパートリーがあるわけではないのだけれど、
何だか、作ってみたくなるのである。
当然、作るからには、美味しく食べてもらいたいわけで、
あれこれ、考えながら、
主婦で、ごったがえしている午前中のスーパーに、向かう。
完全なるアウエー状態。レジ付近の主婦の布陣を
気後れしながら、すり抜け帰る。

チャレンジしたのは、ほうれん草ベーコンバターバジル風味パスタ。
丸ごとトマトのトロトロスープ。
久しぶりにつくったから、yuriさんも、娘も、喜んで
おいしいと食べてくれたが、
自分では、全く納得できる仕上がりではなかったんだ。
ほぼ、レシピ通りに、行程をすすめたが、
単純に、マニュアル通りに仕上げれば、おいしくできるわけでもないだろう。
反省点は、いろいろある。
パスタと具をからめるときの、味の分散比率であるとか、
スープの煮込み時間による水分の蒸発量とか、
細かい部分が、たくさんある。
見た目は同じでも、素人とプロでは、味が違う。あたりまえか。

シェフが、すごいのは、そういった細かい部分が、体に染み付いている
ところだと思うんだ。そこには、当然、経験と勘が左右する。

そういわれてみると、自転車の組み立てなんかも、
あらよっと仕上げちゃったりするのを、よくお客さんが、見ていて、
感心されることが、あるんだけれど、
たぶん、それと同じことなんだな。
何でも無いようだけれど、奥が深い。
誰でも簡単に出来そうだけど、難しい。
普段、何気なく作業していることでも、大事なものは、きっちり詰まっている。
はったりがない。
普通にこなしていく。
だから
本当に、いいものは、何でも無いような普通の顔をして無駄がない。

パスタをつくりながら、
あらためて、襟を正す休日。


P1020033
[PR]
# by jack1641 | 2011-11-04 09:51 | 店長日記

just do it.

 この間、一番下の中学生の娘が、何を言い出すかと思ったら、
欲しいものが、あるという。また、どうせAKBだろ?といったら、
意外にも、スニーカーが欲しいという。しかもナイキのブランド指定だ。
とうとう、バッシュ(娘は、バスケットをやっているのでそれようの靴かと)を
ジョーダンにするのか、と思いきや、そうではないという。
なんでも、表参道に、自分だけのナイキを作れるショップが、あって、そこで
作りたいんだという。
ふーん。
そういえば、昔、私も、中坊の頃、雑誌ポパイを見て、物欲をもの凄く刺激され、
なんとか、東京まで出かけて、ナイキのシューズをゲットしたいと思ったものだ。
もちろん、当時の昭和の家庭に、そんなことは、御法度で理解されるはずもなく、
諦めたのだが。
そんな思いもあって、二つ返事でOKしてしまったんだった。
(もちろん、yuriさんは、簡単に、承諾するはずもなく、条件付きとなりました。)
見事、娘は、条件をクリアし、(そんなに欲しかったんか。)
先日の休みを利用して、出かけたのでした。仕事上の興味もあったし。
自転車でも、あるんですよ。自分だけの自転車をオーダーできるシステム。
でも、価格的に、ちょっと割高になってしまう。それなら、吊るしの自転車で、
部分、部分をカスタマイズする。これが、現状ですね。
シューズは、紐くらいしか、いじれないから、このシステムは、ありなんだな。

そういうわけで、うちの娘のご希望デザインは、これ。
P1020029

お前、いつから、ブラジルのサポーターになったんだ?
P1020030
名前入り。
[PR]
# by jack1641 | 2011-10-29 09:48 | 店長日記

想像力を持て、想像力を2

<その1からのつづき>

私は、ただの自転車屋のオヤジである。

パブリックな発言は、しない。している暇がない。
日々、自転車の修理と組み立てに追われいるからだ。

ツイッターなどでは、この件を騒ぎ立てている。
例外なく、皆理屈っぽい。
そして、これに、TVやマスコミが、飛びつく。
狭い視野で、捉えて、社会問題化する。

過去、何十年と、自転車は、社会に溶け込んで
やってきた。しかし、ここに来て、
これでは、いけないと、多くの人が、感じている。
現状、今は、どうしようもない。
皆、もっともらしい理屈で、インフラが悪い、ケーサツが
悪い、マナーが悪いと、誰彼の責任云々というだけ。
それこそが問題じゃないか。

新聞のコラムでは、提言している。
日本中の警察署長が、毎日の朝礼で、自転車は、
車道左側を走れと言い続けるだけで、日本は、変わります。
対面交通も変えるべきです。
伊藤礼さんの、身を持って導き出した提言だ。

その通りだろう。
そして、付け加えるなら、
想像力を持て!想像力を。だ。

text by cycleshinseki T.
[PR]
# by jack1641 | 2011-10-23 09:44 | 店長日記

想像力を持て、想像力を1

今日の読売新聞の時の余白にという
論説に、このところ過熱している自転車の
問題に言及していた。
現代の自転車の問題は、戦後60何年の
人間教育のあり方に属する部分もありそうだと。

 他人の命へのわずかな気遣いがあれば
 そういう社会の空気があれば
 険悪な事にはならないのに、それがない。
 他人の事が眼中にない。
 他者も生きていることへの想像力がない。
 だから他者との距離が、わからない。

晩年、、作家中上健次は、娘にこう言い放った事がある。
「馬鹿野郎!ひとの気持ちをもっと考えろ!想像力を持て。想像力を!」
多分、今、生きていたら、同じ事を云って、一蹴しただろう。

私は、ただの自転車屋のオヤジである。
パブリックな発言は、しない。している暇がない。

つづく。
[PR]
# by jack1641 | 2011-10-22 09:42 | 店長日記

物には気合を入れると魂がこもるんだ。

物には気合を入れると魂がこもるんだ。
なんて云われちゃうと
ちょっと神がかり過ぎてひくよね。
でもね、この言葉を言った吉村秀雄が好きなんだ。
バイク小僧だった頃からヨシムラの名前は、知っていたのだけど、
その頃、そんなヨシムラのストーリーは、知るわけも無く、
この仕事に就いてから、バイブルとしているんだった。

作り手として、気合を入れ魂を込める。
磨かれたパーツが、ピカピカに光りだす。

モノづくりの端くれとして、
そんな精神世界で、仕事をすすめる。
いい自転車として、喜んでもらえるように。
[PR]
# by jack1641 | 2011-10-09 09:26 | 店長日記

北九州からの、電話。


 大地震の日、
九州に、発送する予定の自転車が、あったんです。

「俺の仕事はな、自転車を作って、送り届ける事なんだよ。」
「お前の仕事は、預かった荷物を届けることだろーが。ああ」
「おう、わかったぜ。店長」

という、会話が、運送屋さんのドライバーさんと、
交わされたか、どうかは、定かでは、ありませんが、
あの、混乱の中、店長が、交渉して、
ドライバーさんの、男気で、発送できました。
その後のどさくさで、荷物が、届いたのかどうかさえ、
すっかり抜け落ちてしまっていたのですが、
思いがけず、ご本人から、到着とお礼の電話をいただきました。
こういった場合、最近は、ほとんどが、メールですから、
私が、担当させていただいているのですが、
せっかくのお電話、店長は、気の利いた事が言えず、(そういった面では不器用ですから)
言葉に詰まってしまい、そばで、聞いていた私は、代わりたいぐらいでした。
その後、あまりに嬉しかったのか、ひとり、
作業場の隅で、佇んでいました。(不器用ですから)
北九州のkさま、
店長は、あまり、たいした返事をしておりませんが、
本人は、とても、感動しております。
本当に、ありがとうございました。
地震の影響で、下がっていた、気持ちが、
kさまの、電話で、私含めて、全員が、とても元気づけられました。
お心づかい、ありがとうございました。
がんばります。!!


[PR]
# by jack1641 | 2011-03-17 10:23

通常通り営業中。


いよいよ計画停電が始まりますね。
高崎では昨日からの予定でしたが、昨日・今日とまだ行われておりません。

計画停電の時間中はお店は暗くなりますが、通常通り営業しております。
暗くても、懐中電灯でパンク修理もできますので、ご安心ください。


色々と辛いことがたくさんありますが、
今出来る事をやる事が大切ですね。
私も自分に出来ることをしっかりとやろうと思います。


ポジティブシンキング で。






[PR]
# by jack1641 | 2011-03-15 15:23

Kさんに、頼まれた件


 さて、とある事情からKeiさんに、頼まれた件。
一瞬、カメレオンか?と、見間違うが、ベースは、nirone7なんだ。
■全体としては、こんな出来上がりです。
d0026232_9462912.jpg

■タイヤは、28cで、太くしました。
d0026232_9465220.jpg

■ステムは、カメレオンと同じで、フレキシビルタイプで、可変式。
d0026232_9472254.jpg

■クランクは、光物系。
d0026232_947423.jpg

■サドルは、黒にして、統一感を出しました。
d0026232_948252.jpg

■真横から見たところ。あとは、スタンドをつけて、完成。
d0026232_948238.jpg


走りは、思っているより軽く、いいはず。
実は、nirone7を、こういう仕様にしている方は、
他にもいて、その方は、かなりのヘヴィー・ユーザーなんだけど、
独特の、いい走りなんだそうだ。
keiさんの、住んでるところなら、似合いそうだな。
304を行けば、すぐ、海に出る。



[PR]
# by jack1641 | 2011-03-09 09:48 | 街乗りエンジニアリング

aiko


最近のお店のBGMは aiko に、決めてます!

鶴瓶のAスタジオにでてから 
「なんか、aikoいいね」ってemoticon-0109-kiss.gif

矢沢永吉の時はお客さんの反応はあまりなかったのに、
aikoだと、高校生からも「コレ aikoの曲ですね」みたいは反応があるからイイですね。


しばらくはaikoの曲だと思うので、聴きたくなった方は ぜひお店に遊びに来てくださいemoticon-0152-heart.gif

もちろんBianchiたくさん揃ってますよ♪

通学車も揃ってます♪♪






[PR]
# by jack1641 | 2011-03-07 14:23

Bianchi 2011年 FIRENZE 入荷しました。


すっかり定番商品になりましたBianchi FIRENZE 2011年モデルが入荷いたしました。

なんだかコノ自転車をみると、フランスパンを買いに出かけたくなっちゃうから、フシギ。
毎年毎年、チョコットだけモデルチェンジはしても、このスタイルはいつも一緒ですね。

今年のCELESTE色は、う~ん…薄くもなく、濃くもなく、ビアンキらしいお色ですemoticon-0115-inlove.gif

本日入荷したばかりなので、画像は準備中ですemoticon-0108-speechless.gif
とりあえず参考画像をアップします。(一部仕様変更になっております)

d0026232_15332122.jpg


詳しいスペックは下記になります。

MODEL Firenze
Colors Celeste
Sizes 16”
Frameset Frame Hi-Ten Lugged Frame
Fork Hi-Ten 1”
Headset TH TH-1150W 1”
Group Shifters Shimano SL-TX50-7R 7sp
Rear Derailleur Shimano RD-FT30
Crankset Alloy Crank 40T 165mm
BB TH BB-7420ST 68mm, CARTRIDGE TYPE
Chain CN-HG50
Sprocket Shimano CS-HG50 12-28T 7sp
Brakes Shimano BR-M422-S
Brake Lever Tektro TS-386A
Wheels Rear Hub Shimano FH-RM30-7R
Front Hub Shimano HB-RM40-F
Rims JALCO DM18 32H
Tire CTS C-1384 26”x1.4”
Components Stem HL HS-C82-2 80-150mm
Handlebar Alloy Silver
Grips Velo VLG-105 Brown
Seatpost HL SP-213GB 26.0x300mm W/BLACK GROOVE
Saddle Selle Italia FLX GEL ELEGANZA LADY BROWN
LEATHER
Pedals Wellgo LU-868


PRICE 58800円 →52,920円







[PR]
# by jack1641 | 2011-02-12 15:39

Bianchi Infinito 揃いました!


Bianchi Infinito 105 入荷になりました。
今なら、揃ってますemoticon-0157-sun.gif

Infinito 105 white/celeste 50
Infinito 105 white/celeste 53
Infinito 105 white/celeste 55
Infinito 105 white/pink 50


ヤットBianchi の新車発表会で注文した分が入ってきたばかりだというのに、
メーカーはすでに完売に…。
きっと、買おうかどうしようか…迷っている人がたくさんいるだろうに、
ちょっと早すぎませんか ねemoticon-0106-crying.gif


欲しいと狙っているアナタ! ちょっと急いでくださいねっ☆
[PR]
# by jack1641 | 2011-02-10 16:10

Bianchi 2011年 sempre Shimano105 10sp CELESTE 入荷。


Bianchi 2011年 sempre Shimano105 10sp CELESTE 
たった今、入荷いたしましたemoticon-0115-inlove.gif

フルカーボンで、Shimano105がコノ価格!!!ってことは、かなりお安くてお買い得デスemoticon-0169-dance.gif


d0026232_14102593.jpg



COLOUR  :CELESTE
FRAME   ;CARBON
FORK   :FULL CARBON
WEIGHT :8.26kg (SIZE 53)
SIZE :50
PRICE(税込) ¥241,500 → ¥193,200

即納可能です♪


最近、太田方面に行くことが多く、北関東道を利用しています。
茨木まで開通、もうそろそろですねぇ~emoticon-0102-bigsmile.gif
開通したら、水戸のレストランに行って、大洗海岸に犬と泳ぎに行って…
栃木もグ~ンと近くなるし、楽しみemoticon-0152-heart.gif楽しみemoticon-0152-heart.gif

茨木の方・栃木の方も ぜひ北関東道を利用して、高崎までお出かけくださいねぇ~emoticon-0103-cool.gif
今だって途中まで利用できますから、近いですよッーーーーー!!!
ドライブがてら、いかがですか?
[PR]
# by jack1641 | 2011-01-13 14:34

グアムタビニッキ 最終日


■2010.03.15(月)最終日 
 今日は、帰る日。まあ、午前中しか
時間が、ないわけで、
朝から全開で、ビーチ三昧。
こんなことやってますが、朝の7:00です。
d0026232_1012354.jpg

で、またまた、シーカヤック。好きですね。
d0026232_10125857.jpg

ところ変わって、こちらは、ホテルのプール。
水中バスケットをやってるわけなんですが、
d0026232_10133436.jpg

これが、このホテルの特徴で、スタッフが、
中心となって、みんなで、楽しむわけです。
d0026232_10135491.jpg

ホテルのスタッフは、英語。
d0026232_10143375.jpg

参加しているお客さんたちは、日本人、中国人、
韓国人、台湾人、アメリカ人、その他と、アジア系の
多国籍となっているわけです。その場で、チームを組んで、
勝った方には、ジュースが、振舞われる。
d0026232_10141672.jpg

これといって、会話が、できるわけではないのですが、
一番下の娘は、ゴールを決めて、楽しそうでした。

さて、短い時間を満喫して、帰りとなります。
d0026232_10145368.jpg

やっぱり、碧い海は、気持ちがいいですな。
d0026232_10151664.jpg
d0026232_10152631.jpg

おわり。
[PR]
# by jack1641 | 2011-01-03 10:15 | グアムタビニッキ

グアムタビニッキ 2日目


■2010.03.13(土)2日目
d0026232_11193597.jpg
 
 約3時間くらいの睡眠で、起床。
おお、きれいな海が、広がる。
d0026232_11195551.jpg

今日は、午前中から海辺で遊ぶオプショナルツアーの日。
だから、なんとか早起きしたんだった。
d0026232_11201759.jpg

で、朝飯をどうするか、考えていたら、ホテルのロビーに
おいしそうなパンセットが、あったので、それにした。
d0026232_11205065.jpg

安易な選択だったが、かなり、うまかったのでラッキー。
ちなみに、ホテルは、前回と同じP.I.Cです。
d0026232_11211318.jpg

d0026232_11213828.jpg
あ、これこれ、と言いながら、
ハンモックに寝転ぶ末娘。覚えているのか?

で、バスに乗って、ツアーにおでかけ。
d0026232_1122124.jpg

とにかく、人が、多くて、パラセイリングとか、
ジェットスキーの待ち時間が、ありすぎるので、
バナナボートだけにして、
d0026232_11223115.jpg
d0026232_11225842.jpg

あとは、得意のシーカヤック(ハワイイで、鍛えたんだよ)で、
遊びまくり。
と、いっても、私は、浜辺で、グーグー寝ていたんだった。

お昼は、無料なんだけど、ご覧の通り、
d0026232_11232050.jpg

ちょっとしょっぱい。

で、なんだか、疲れたので、
14:30くらいには、ホテルに帰る。
d0026232_11235553.jpg


しかし、元気な、娘が、ひとりいたんだ。

ご覧のとおり、また、ホテルのプールで、遊びまくり。
d0026232_11242297.jpg


で、6年前のアトラクションの様子が、これ。
d0026232_11245018.jpg

6年後が、これ。
彼女に言わせると、全く、覚えていないんだそうだ。
d0026232_11252090.jpg


そして、夕食後、飲み過ぎた私は、酔っ払いのまま、
Kマートに向かう。

 ふらふらしすぎて、
 yuriさんに、しこたま、怒られたんだった。
d0026232_11255860.jpg


つづく。



[PR]
# by jack1641 | 2010-12-31 11:26 | グアムタビニッキ

グアムタビニッキ 出発


■2010.03.12(金)
d0026232_1421398.jpg
 
 実は、この日は、双子の娘の中学の卒業式で、
すべては、yuriさんに、まかせ、
私は、呑気に、一番下の娘と、録画してあった
「ハッッピーフライト」を観て、これから
飛行機に乗るのかと思うと、二人して、ちょっぴり憂鬱になる。
いくら、フライトが、最終だからと云っても、成田までは、距離がある。
謝恩会とか、打ち上げが、終わったばかりの娘たちを制服のまま、
車で、ピックアップし、そのまま成田へ直行。
卒業おめでとうの電話が、多数入るが、いま、成田なう。とは
とても言えない。
冷静に考えると、一体どういう親なんだ。
高校の合否も、出ていないんだぜ。
d0026232_14212497.jpg


 うきうきと飛び跳ねている娘。でも、最終フライトなので、
人気も、まばら。確か21:00頃発だったかな。

d0026232_14214351.jpg



 到着したのは、24:00くらいだった。しかし、空港でるまでに
2時間も、かかったんだぜ。
ホテルについたのは、2:30。ご覧の通り、真っ暗です。
しかも、ビールが、どこにもない。フロントに電話してもない。
これは、大失敗だった。到着時間をよく考えないとね。
d0026232_1422993.jpg


つづく。

[PR]
# by jack1641 | 2010-12-30 14:22 | グアムタビニッキ

その前に。


 その前に、グアムに行ったのは、
いつだったのかと、自分で、自分の履歴を
探っていたら、古い店長コラムに、書いてあったんだ。
自分で書いておきながらすっかり忘れていたぜ。
恥ずかしいけど、転載するぞ。
ここから↓
■2004.02.15(日) take it easy
d0026232_1151968.jpg

着陸して、窓から外を覗いた時、近づいてきたカーゴの運転手は、見慣れない半ズボンの制服で真っ黒に日焼けした顔で、こちらに向けてウインクした。「ようこそ!」と。
そう、自営業にあるまじき暴挙の4連休、じつは、グアムに行ってきた。去年、子供たちが、いろいろがんばったことと、クリスマスとお年玉と、普段、遊んであげられない償いと、全てひっくるめてプレゼントとした。グアムには、子供が、楽しくてたまらないホテルがあると聞いていたので、そこに、連れてってあげようと、思ったのだ。
グアム国際空港に到着し、移動のバスに乗り込んで、すかさず子供たちに云う。
「よーく目開いて見とけ、覚えておけ!」
「自分の目で見て覚えておくのが、大事なんじゃ!」
と、エラソーに威張っていたのだが、一番、興奮していたのは、自分であった。(海外経験少ないからね!成田で、飛行機見て感動してるからね!)
街の風景は、もちろんアメリカで、いつかTVで見た、記憶の中の映像に一致する。全てが、大きく合理的だと思う。例えば、自動車。凹んでいようが、バンバーが、外れていようが、窓ガラスが、無くたってへっちゃら。平気で走っている。運転もセコセコしていない。スピードは、出すけれど、他者には、やさしい。南の国のせいかもしれないが、車は、移動手段なんだから、動けばいいんだ、外、走ってんだから少しぐらい傷ついたって気にしないよ。と云っている様に聞こえる。それでも、1台1台、個性が、感じられる。
ああ、これだよ、これなんだよ、これ、これ、と
ひとりごちていると、となりから、yuriさんが、「ここに、住みたいと思ってるでしょう?」と、人の気持ちをズバリ当ててくる。
その通り、いつだって口癖は、take it easy。
いつか、こんなところに住みたいと思う。

今は、life in the fast lane。これが現実かもね。
(イーグルスですよ!)
↑ここまで。

ということで、6年も前の話でした。

[PR]
# by jack1641 | 2010-12-29 11:51 | グアムタビニッキ

グアムタビニッキのはじまり


 さて、めっきり寒くなり、
自転車なんか、乗ってらんねえぜ!という諸君!、
同感です。
かく言う私はと言えば、
寒くても、暖かくても、乗ってない店長です。
でも、寒い。
最近、年をとってきたから、さらに寒い。
娘にも、寒いと言われる。(違う意味でね。)
そんな時、ついつい考えるのが、
日本脱出計画。
知る人ぞ知る南の島フリークの私は、
虎視眈々と計画を練っている。
で、実は、ブログでは、言ってなかったのだが、
今年、行っちゃっていたんだ。

ま、いまさらなんだけど、
寒いから、たまには、
タビニッキでも、書こうと思う。
自転車ばっかりじゃつまんねえ。し。

つづく。



d0026232_18384392.jpg

[PR]
# by jack1641 | 2010-12-28 18:36 | グアムタビニッキ